さとう式を構成する3つの理論

腔理論

 

腔という筒状の空間を整え広げてあげることで、身体が安定し疲れにくくなるだけでなく、臓器器官の圧迫が取れて、働きやすい環境になります。

もっと詳しく読む

屈筋理論

 

もうしばらくお待ちください。

筋肉を緩める

筋肉にギュ〜っと圧力がかかったり、ピーンッと引っ張られている状態では、体内のお水(リンパ間質液)の循環が悪くなってしまいます。

筋肉を緩めると、筋肉はお水をたっぷりと含み、ふっくらと弾力のある動きやすく若々しい状態になります。



 

Home  講座案内  セルフケア講座  リンパケア講座  MRT講座  教える人になる講座 

施術を受ける  動画と一緒にセルフケア  サロン紹介&アクセス  お問い合わせ  ブログ